Home

For Organizer

Artist

hogehogeイメージ

Swingy Okuda

Home  >  Artist  >  Swingy Okuda

Artist

Swingy Okuda

奥田”スインギー”英人

1966年東京都生まれ。今年で結成77周年となり、戦前より活動する世界最年長ビックバンド、ブルースカイ オーケストラの初代リーダー:奥田宗宏を父に持ち、本物のジャズ、アーティストたちに囲まれて、幼少期を過ごす。

3歳からスティックを握り、高校在学中には、数回にわたり単身渡米。ニューヨーク、ロサンゼルス、ボストンなど、有名ミュージシャンのもとを渡り歩く、武者修行の旅を展開。その間、国内でもスタジオミュージシャンを経て、24歳で先代奥田宗宏の跡を襲名後も、自らがバンドリーダーを務める『ザ・ブルースカイ オーケストラ』をはじめとして、様々なステージで活動。また、『Concord Jazz Festival‘95』、サンフランシスコ・フェアモントホテル『Jazz Room』、Four Queens Hotel『Monday Night Jazz』、『TORONTO Du Maurier JAZZ FESTIVAL(カナダ トロント デュモリエ国際ジャズフェスティバル )』、『Festival International de Jazz de Montréal(モントリオール国際ジャズフェスティバル)』など数多くの海外ステージにも出演。ドラマー、打楽器奏者としては、ジャズ、ラテン、ダンスナンバーを得意とし、若年層からシニア世代まで幅広いファン層を持つ。

音楽プロデューサーとして、コカコーラのジョージアCM「明日があるさ」でお馴染みの「Re:japanビッグバンド」など、様々な広告、映像作品、アーティスト等のプロデュース・ディレクションを手掛けるほか、Jazz for Kidsや中高生の吹奏楽・ブラスバンドなど後進の指導にも熱心に取り組んでいる。また、大人のエンターティンメントの普及にも尽力し、近年では、帝国ホテルで毎年夏開催される屋内型JAZZフェスティバル「Imperial Jazz Complex」のプロデュースでも知られる。

また、1920年代から現代に至るまでの軽音楽の歴史にも精通しており、アーティストとして、コンサート&ショーを行う傍ら、多才な趣味、経験を活かし、ライフスタイルプロデューサーとして、講演活動等も行っている。現在、ジャズ界のニューリーダーとして、八面六臂に活躍中。

奥田”スインギー”英人交遊録

日野皓正さんと奥田英人

日野皓正さんと

アルベルトさんと


コンコードジャズでスコットハミルトンさんと

スコットハミルトンさんと


チューチョ・バルデスさんと

ドミニク.ファリナッチさんと


フランク・ウェスさんと

ルイ・ベルソンさんと


レイ・ベガさんと

ヘレン・メリル meets ブルースカイ